• 花畑

種類

頭をかかえる

双極性障害の治療の歴史や変遷

双極性障害の治療には、向精神薬が用いられます。向精神薬も様々あり、その中でも双極性障害に対して効果的な薬だけが処方されています。特に多いのは、抗不安薬と抗精神病薬です。抗不安薬には、名前の通り不安を軽減する効果があります。特に軽度の症状のときには、まずこの種類の薬が処方されます。躁状態、鬱状態どちらにも有効であり、精神を安定させてくれます。抗精神病薬は、症状が悪化したときに処方されるケースが多くあります。躁状態のときに、特に効果的であり、イライラした気分を抑えることができます。気持ちを穏やかにすることで、無理な行動をしないようになる効果が期待できます。また、躁状態のときは睡眠不足になりがちなので、そういったときの眠剤として使われるケースもあります。稀ではありますが、抗うつ薬が利用されることもあります。これは躁状態より、鬱状態が深刻化している場合に用いられます。時として鬱状態から躁状態に転移する原因となることもありますが、鬱状態を落ち着けるためには有効です。安全性に配慮したうえで処方されるので、心配もありません。

抗うつ薬の今後の動向についての予測

躁状態や鬱状態、どちらにも起こりえる不眠に対しては、眠剤も用いられます。双極性障害になった場合、躁状態のときは特に不眠になりやすいです。そうなると体に負担もかかってしまい、健康を害する要因にもなります。そういったときには、そういった眠剤により睡眠を促すことができます。双極性障害には、様々な治療薬が用意されていて、それぞれの症状にあわせて適切な治療が可能です。

双極性障害は躁うつ病とも呼ばれる心の病気ですが、双極性障害の治療は、昔から抗うつ薬の服用による治療が行われていました。双極性障害の治療薬は、1960年代頃からイミプラミンと呼ばれる化学物質から製造された抗うつ薬が使用されていました。 イミプラミンを使用した抗うつ薬はいろいろな種類のものが開発され、1980年代の後半頃までは、イミプラミンが双極性障害の代表的な治療薬としての約割を果たしていました。 1990年代になると、世界中でうつ病や双極性障害の患者が急増し、新薬の開発が盛んに行われるようになりました。1990年代は新しい三環系抗うつ薬が開発され、副作用が軽減するなど、安全性が大きく向上しました。

双極性障害やうつ病を患う人は日本を含む先進国を中心に急増しています。日本では働く人の5人に1人が、何らかの心の病気を患っていると言われています。今後も双極性障害などの心の病気を患う人は増えることが予測されます。 双極性障害やうつ病の治療は、薬物療法が中心になっています。精神療法も盛んに行われていますが、根本的に病気を治療するには、バルプロ酸などの服用が必要になります。今後も双極性障害の治療は、薬物療法が中心になることが予測されます。 抗うつ薬は、50年以上に渡って改良を重ねた結果、副作用が少なくなってきており、安全性は向上しています。今後も改良が続けられ、副作用が少なくなり、安全性はさらに向上すると予測されます。

↑ PAGE TOP