• 花畑

再発

悩む女性

双極性障害は、一度症状が改善されたからといって、すぐに治療をやめるのは勧められません。それは、一時的に症状が落ち着いただけかもしれないからです。双極性障害の症状が改善されたとしても、しばらくは向精神薬を飲み続けるのが賢明だといえます。向精神薬は、基本的に症状が改善されていくと同時に量を減らしながら調整していきます。そういった手順を踏むことで、薬がない状態にも慣れることができるのです。もし、自己判断で服用を中止してしまうと、躁状態や鬱状態が再度現れることもあります。そういったトラブルを避けるためには、医師の指示に従って治療を続けることが大切なのです。症状が改善されたあとにも、服用を続けることによって、再発するリスクを軽減することにも繋がります。また、薬の服用を中止することによって、双極性障害の症状は現れなくとも、不眠症が現れることもあります。不眠症が続くと、健康を害してしまいます。そういったことも踏まえ、きちんと安全であると医師が判断するまでは服用を続けた方がよいでしょう。このような点も考慮すると、双極性障害の治療は根気が必要だということができます。そのため、患者本人だけでなく周りからのサポートも必要となるのです。周りからのサポートが直接症状の緩和にはつながらなくとも、確実に助けにはなります。もし、親しい人や家族などが双極性障害になった場合には、できるだけのサポートをしてあげましょう。

↑ PAGE TOP